STAFF BLOGスタッフブログ

理想の間取りってどんな間取り?

date_range2021-4-30
text_snippet

子育てママの夢が叶う家づくり加古川・姫路・明石エリアで注文住宅

新築・リフォーム 兵庫県加古川市 株式会社三建の荒巻です! 

 

 

 

間取りや仕様を一からつくり上げる注文住宅は、自分たちの希望をカタチにすることができるので

 

 

 

「せっかく家を買うならカスタマイズできる注文住宅で建てたい!!」

 

 

 

 

 

と考える方が多いと思います。

 

 

 

 

 

しかし打ち合わせを進める中で、実際間取り図面を見ただけではどんな家なのかさっぱりわからないですよね。

 

 

 

 

 

しっかりイメージをつくっておかないと、住んでみたら「なんか違うな」と感じる事も…。

 

 

 

 

逆に言えば間取りだけでは読み取れない住み心地や使い勝手もありますから、間取りとにらめっこして設計段階で家の良し悪しを図るのは難しいのも現実です。

 

 

 

 

 

 

多くの方にとって、家は人生において最も大きな買い物。
これからの長い人生を過ごしていく住まいですから、失敗はしたくないですよね!

 

 

そこで今回は、「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、家族の暮らしに合った間取りを実現するためのポイントをご紹介します。

 

 

 

 

 


 

住みやすい家の間取りとは?

 

 

注文住宅を建てる際には「実際に住むことを想定した家づくり」をする必要があります。

 

 

 

 

まずは、現在の暮らしを振り返ってみましょう。

 

 

リビングでどんなふうに過ごしていますか?

キッチンの使い勝手はどうですか?

毎日の家事はしやすいですか?

 

 

 

 

現在の暮らしを振り返ってみると、洗面所が狭くて不便、1人で過ごせる部屋が欲しいなど、いろいろ出てくるのではないでしょうか。

 

 

 

これらで挙がってきた不便や不満が、家づくりの大きなヒントになります。

 

 

それらを改善したしっかりとした動線のある家は、家族それぞれが気兼ねなくのびのびとすごせる家になります。

 

 

また、家事を行う上での動線計画もきちっと考えておく必要があるでしょう。

 

 

 

家事がスムーズにいかないと、時間や手間がかかってストレスが溜まりやすくなります。

 

 

スムーズな家事動線は、家事を主に行なう人だけではなく、ほかの家族にとっても使いやすい家になります。

 

 

 

暮らしやすさを重視する上で、家事動線は必要不可欠です。まず家事動線が決めてしまえば、ほかの生活動線も決めやすくなりますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

 

 

 

 

家族の意見をまとめて、書き出してみる。

 

 

 

家族みんなで住む家は、全員の意見を取り入れたいものです。しかし、お互いの意見が食い違うこともあるでしょう。

そうならない為にも、家族間で、どのような希望があるかをすべて出しあうことから始めましょう。

 

 

 

 

「対面キッチンでリビングとの繋がりを感じられるようにしたい」


「リビングに開放的な吹き抜けが欲しい」

 

「ウッドデッキでバーベキューがしたい」

 

「リモートワークできる書斎が欲しい」

 

 

 

などなど様々な要望が出てくると思います。

 

 

 

 

このときに、条件が全員一致していれば、それが家の間取り決めをするための判断材料になります。

 

もちろん条件が一致しないこともあるでしょう。

 

もう一度その条件についてよく考えてみて、それでも譲れないようであれば、出しあった条件のうちどれなら妥協できそうか、それぞれ妥協案を考える必要があるかもしれませんね。

 

 

 

新しい住まいには、夢や希望がいっぱい!

 

ご家族一人ひとりが思い描く理想の暮らし方や欲しい空間などを出し合うこと

で、設計の方向性が見えてきます。

 

 

また、SNSや雑誌でいいなと思うアイデアがあったら、集めておくと打ち合わせのときに役立ちますよ!

 

 

 

一日の暮らしを思い描いてみる

 

 

間取りを考えていくとき、まずはどこにどの空間を持ってくるか、実際の暮らしを中心に生活動線をを考えていきましょう。

 


前章でも書きましたが、暮らしやすさは動線で決まるといっても過言ではありません。

 

 

より具体的に一日の暮らし、家の中での動きをイメージしてみてください。

 

 

朝起きて、洗面所で顔を洗って、洗濯を回して、キッチンで朝食の支度…


帰宅したら、玄関収納に上着をかけて、手を洗って洗濯物を取り込んで…

 

 

こうしたことを具体的にイメージすることで、自分たち家族はどんな暮らしを望んでいるか整理することができます。

 

より具体的に暮らしを思い浮かべ、暮らしの動きをもとに生活動線を考えると、便利な間取りが見えてきますよ。

 

 

 

 


頭の中のイメージを、カタチにするのが家づくり

 

 

間取りを考えるとき、リビングにダイニングキッチン、洗面室、寝室、趣味の部屋も欲しいな…など、個々にこだわりがたくさん思い浮かぶと思います。

 


しかし、それらの部屋を別々にイメージして考えると、部屋同士が思うようにつながらなかったり、暮らし始めてから不便を感じたりして、後悔することにもなってしまいます。

 

 

頭の中に浮かんでいるそれぞれの部屋をつなげて、生活する場所として考えるには、やはり朝起きて、就寝するまでの流れを俯瞰でイメージすることが大切です。

 

 

 

お家づくりは住まいづくり。

 

 

 

三建では、お客様のよりよい住まいでのよりよい暮らしづくりを大切にしています。

 


新しい家での暮らしがより豊かに、幸せな毎日になりますように。

 

 

 

 

「新しい家でこんな暮らしがしたい!」

 

 

 

 

そんな皆さんの夢や希望、こだわりをぜひ私たちにぶつけてください。

 

 

私たちも全力で皆様の夢の実現に寄り添った提案をさせて頂きます。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 


現在三建では、コロナウイルス感染拡大対策として

ZOOMでのご相談も行っております。

 

 

新型ウイルスの感染拡大が理由で

悩んでおられる方は是非ご活用ください。

 

 

詳しくはこちらから→→https://www.e-sanken.co.jp/consultation/

 

 


 

 

 

三建の間取りアイデアたっぷりを詰め込んだ

家づくりに役立つアイデアブックを無料プレゼント中!

 

スタッフブログ

月別アーカイブ

arrow_upward