STAFF BLOGスタッフブログ

近年再注目されている「玄関土間」って良いの?

date_range2021-7-29
text_snippet
子育てママの夢が叶う家づくり加古川・姫路・明石エリアで注文住宅

新築・リフォーム 兵庫県加古川市 株式会社三建の荒巻です!

 

 

 

 

 

古い日本家屋でよく見る土間は、ここ近年においてまた見直されてきています。

 

 

 

 

本来、玄関土間の位置づけとしては明治時代までは家の中でメジャーな空間と言う扱いだったようです。

 

 

 

農業と並行して家事を行うという生活スタイルの都合上、土足のまま入れる土間には、台所を設置して家事と農作業の両方を行いやすくするという役割がありました。

 

 

 


 
しかし、現代の土間は、その使い方もこれまでの固定概念にとらわれず、各家庭によって形や用途は様々。

 

 

 

特に家族や来客時に一番最初に迎え入れる場所ですから、面積を広くとっておしゃれな空間を演出することもできます。

 

 

 

また、釣りやスノボー、サーフィンなどをするご主人や小さいお子さんがいるご家族、とにかく靴がたくさんある奥様にとっては便利な収納スペースとしてなど、役割が見直されてきています。

 

 

 

 

 

 

近年再度注目を集めている「玄関土間」

 

 

 

 

広さや使い用途は様々ですが、その人の個性やライフスタイルが現れる空間です。そんな玄関土間のメリット・デメリットについて解説していきます!

 

 

 

 

 

 

土間玄関のメリットは?

 

 

 

 

・収納の代わりにもなる

 

タイヤが地面に触れるベビーカーやバイクなど、普通だったら家の中に置くことがためらわれるものを保管しておく場所として便利です。家の中に入れていると盗難の心配もないのでセキュリティ面も安心ですね♪

 

 

 

そのほか、自転車や脚立など、金属でできているものを屋外で保管しておく人は多いと思いますが、雨風にあたるうちに錆びてしまうことがあります。

この様な金属製品を屋内空間に保管することで、道具を劣化させることなく保管しておくことができるでしょう。

 

 

 

 

 

・汚れを気にせずモノが置ける

 

アウトドア用品やスポーツ用具、園芸用品、親戚からもらった家庭菜園の野菜等を気兼ねなく置いたり作業すくことに便利です。

 

 


これらに関しては、収納というより、土がついたものなどの一時置き場としての要素もありますね。

 

 

 

 

 

 

・居住空間と分かれた作業場になる

 

サーフボードのお手入れや観葉植物の世話など、汚れを気にせず趣味を楽しむ場として利用する方もいらっしゃいます。

 

 

趣味の愛用品を、普段家族が過ごす場と少し離れた場所で集中して作業できる空間になるので物の手入れやDIYなど黙々と作業したい方には向いているかもせれません。

 

 

そのほか、簡易なテーブルセットやベンチを置き、町内会など近所の人やセールス関係の訪問者との軽いコミュニケーションの場としても使えます。

 

 

 

 

 


 

 

多目的な用途の多い玄関土間ですが、注意しなければならないポイントもいくつかあります。

 

 

 

 

玄関土間のデメリットは?

 

 

 

 

 

・居住スペースが少なくなる

 

土間は多目的スペースにもなりますが、土地は無限の広さがあるわけではありません。

 

 

スペースをとった分だけ、ほかの居住空間が狭くなってしまいます。

 

 

特に、土間が設置されることが多い1階部分でリビングやダイニングのスペースが狭くなってしまいやすいことは必ず頭に置いておかなければなりません。

 

 

 

使える土地が限られているため、居住スペースを優先させたい場合は設置することは得策ではないかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

収納するものが雨で濡れたり、湿った土が付いたりすることが多いと、湿気がも凝りやすい空間になってしまい、カビが発生してしまう危険性もあります。

 

これは換気がきちんとできていれば問題ないため、事前に対策を練るようにしましょう。

 

 

 

 

 

土間収納にはドアがないタイプのものもあります。

 

ドアがないことにより物が出し入れしやすいという利点もあるのですが、収納したものが丸見えになってしまうので注意が必要です。

 

 

常に整頓できる場合はいいのですが、広い空間になるとその分様々な家のものを置くようになり、逆にごちゃついてしまう可能性があります。

 

 

壁で視覚をを遮る工夫をしたり、簡易的なドアを設置する、カーテンを付けるなどの対策も考えておきましょう。

 

 

 

 


 

土間玄関は少しスペースをとってしまいますが、自由に使えて実用性もあるので、多様な使い方ができます。

 

あると非常に便利ですが、デメリットでも挙げた通り注意点もあります。

 

実際問題、土間収納は使う家庭はよく使うが靴箱程度で済む家庭はなくても問題ないものなので、無駄になってしまわないように用途をしっかり考えてつくる必要があります。

 

 

また、子どもの成長やライフスタイルの変化などによって将来、土間収納が不要になる可能性もあります。
収納するアイテムや生活を見直して、長期的に必要かどうかを考えてみるようにしてください。

 

 

 


三建公式instagramでは施工例や実際の写真を掲載しておりますので、自分に合った暮らしを見つけてみてください! 
  

 

 

 

また、三建公式YoutubeLINE@では、三建のモデルハウスや家づくりのヒント、設備のメンテナンス方法について定期的に更新しています!

 

 

 

是非各SNSもご覧いただきフォローお願いします♪

 

 

 


現在三建では、コロナウイルス感染拡大対策として

ZOOMでのご相談も行っております。

 

 

新型ウイルスの感染拡大が理由で

悩んでおられる方は是非ご活用ください。

 

 

詳しくはこちらから→→https://www.e-sanken.co.jp/consultation/

 

 


 

 

 

三建の間取りアイデアたっぷりを詰め込んだ

家づくりに役立つアイデアブックを無料プレゼント中!

 

スタッフブログ

月別アーカイブ

arrow_upward