ZEHZEHの普及目標

政府は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅の一次消費エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEH)を、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現を目指す」という政策を掲げました。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

三建は、2020年までのZEH普及率目標を以下の通り定め、不要なエネルギーを使わないライフスタイルの啓発を進めることで、地球環境の保全と、お客様の快適で豊かな暮らしの実現に貢献します。

2020年度までのZEH普及目標

単位(戸)

ZEHシリーズ
受託率の合計
ZEHシリーズ
受託率の合計
2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
45% 30% 35% 45% 50%
実績 20% 20% 32% 50%

ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社は外断熱に特化し、標準仕様でZEH対応の断熱性能を有する住宅を建築しております。更に、高性能な熱交換型換気システムを標準採用しています。
オプションとして太陽光発電を搭載していただくことにより、ZEHをクリアできる性能を有しています。

太陽光発電のコストパフォーマンスは非常に高まっていますので、ZEH補助金の利用を最大限にアピールし、より付加価値の高い省エネルギー住宅が実現できる旨をお客様にご提案差し上げます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

上記へ記載のとおりで、標準仕様がZEH対応住宅ですから、補助金を活用することにより、再生可能エネルギーの太陽光発電を低コストで追加いただくことにより、ZEHを実現出来ます。

その他の取り組みなど

外付けブラインドやシェード、オーニングを用いたり、軒の深い住宅を設計することにより、夏場の日射取得熱を減らす工夫を提案しています。
冬場は暖房負荷を低減する為、太陽熱を取り入れた空気集熱式パッシブソーラーシステムで床下を暖めるご提案を差し上げています。

通風シュミレーションを行ない、最適な窓の配置を提案することにより、冷暖房負荷の低減の削減に取り組んでいます。

arrow_upward