SE METHODSE構法

揺るぎない骨組みの耐震構法SE構法

「SE構法」とは、地震国日本において安全・安心に暮らしていくために開発された耐震構法です。
柱と梁を剛接合することで揺るぎない強度の骨組みを生み出し、建築を支える構造を「ラーメン構造」といいますが、SE構法は木造住宅にその「ラーメン構造」を取り入れ、安全に利用できるようにした構法です。

耐震性と設計の自由度が極めて高いSE構法を使えば、高い安全性を確保したまま、柱や間仕切り壁の少ない、開放的な空間を実現することができます。強靭な骨組みと自由に編集できる空間は、現在から将来へとわたり、満足が続いていく家づくりの基本です。

優れた耐久性能 自由度の高い空間 両方を兼ね備えたX最先端の木構造技術

優れた耐震性能

強度が高く品質の安定した構造用集成材を柱・梁に使用。その柱と梁を専用のSE金物で剛接合したラーメン構造がSE構法です。
さらに全棟に対して構造計算を行い、耐震性のチェックを行います。

自由度の高い空間

柱と梁、そして最低限の耐力壁で強度を確保するSE構法は、耐震性を保ったまま壁の少ない自由なプランを可能とします。

arrow_upward