STORYオーナーストーリー

誰もが無理だと思った家づくり。三建さんが応援してくれました!

私たちの夢に対して、前向きに取り組んでくれたんです

 

「早く実家を出て独立したい」。子どもができてからは特にそんな思いが強くなりました。
もともと、いずれは自分の家でカフェをやりたいという夢もあったんです。
最初はぼんやりと思っていた「わが家が欲しい」という気持ちは、じょじょに強くなっていきました。

そうこうしているうちに、どこかで自分のスイッチが入ったんでしょうね。いくつもの住宅展示場に足を運ぶようになって、目についた住宅会社、気になった工務店などに資料請求もするようになりました。
この会社はどんな家が建てられるんだろう。うちの家族が楽しく快適に暮らせる家はどんなものなのだろう。
まだイメージが固まっていなかったので、情報を集めて手掛かりを探っていたのかもしれません。

そんな感じであちこち資料請求をしていた中に三建さんがあったんです。営業担当の方から電話があったので、さっそくモデルハウスを見に行きました。
第一印象は「感じのいい家」。何よりも案内してくれた営業の方の対応が気持ちのよいものでした。

実はそれまでにも数社、見学に行っていたんです。
でも、仕事の状況や収入などの話をすると「また数年後に来てください」と相手にされませんでした。悔しい気持ちと残念な思いとを味わっていて、「もう無理なのかな」と諦めはじめていた時期でもありました。

でも担当の方は違ったんです。無理のない範囲で可能性を一生懸命探ってくれました。私たちの夢に対して、前向きに取り組んでくれたのが、何より嬉しかったですね。
土地は実家に近いところで探しました。私の地元なので、いろんなつてをたどっていろいろ物件も見たのですが、いずれも予算オーバー。
でも、そんな折に、いいタイミングで予算に納まる土地が奇跡的に見つかって、なんとかスタート地点にたどりつくことができました。

私たちの願いをかなえてくれた。感謝の気持ちでいっぱいです

やっと見つけた敷地でしたが、残念ながら想定よりも狭かったので、プランニングには苦労しましたね。1階部分にはカフェのスペースを確保したかったので、営業担当の方と「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤。今思えば楽しかったけど、あのときは相当頭を悩ませました。

自分の子どもも幼いということもあって、同世代の幼児連れのママさんたちが気兼ねなく遊びに来られるように、床は柔らかな素材感のある杉の木床にしました。赤ちゃんがはいはいしたり、横になってもそういう素材なら安心できますよね。

雑貨なども置きたかったので、カフェ部分の土間は広くとりました。カフェは土足ではなく、土間で靴を脱いで上がっていただきます。お客様にはお友達のお家に遊びに来たような感覚でリラックスしてほしかったので、そのように設計してもらいました。

1階の大部分をカフェのスペースにしたので、私たちの生活空間は2階にまとめました。DKとお風呂などの水回りをコンパクトに配置しています。
振り返ってみると、あのとき三建さんと出会えていなかったら、こんなカフェと家を持つことは絶対できなかったと思います。他社の営業さんだけでなく、身内や友人だって、私たちが新築できるなんて誰も思っていませんでした。

もちろん予算計画には苦心しましたけど、三建の営業の方が親身になって励ましてくれて、プロならではのアドバイスをたくさんしてくれたおかげで、なんとかここまでたどりつくことができました。

三木市にお住まいのO 様

店名:ALOHA STATE
住所: 〒673-0552 兵庫県三木市志染町中自由が丘1丁目47
電話:090-9237-7051
https://www.instagram.com/aloha.state.2020/?hl=ja
施工事例「ハワイアンカフェを併設したお家」はこちら

その他のストーリー

arrow_upward